≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラ王

『日清ラ王 まるで、生麺。味噌』で『トマト味噌ラーメン』を作ってみました。

どんぶり

カツオの枯節(かれぶし)でダシを取り、化学調味料無添加合わせ味噌、瀬戸内産天然塩、化学調味料無添加オイスターソース、おろしニンニクで調味した薄味スープに、『ラ王』添付液体スープを加え、京都産京菜、埼玉産小松菜、神奈川産トマトを煮込みました。

例によって、ダシを取った枯節も具材としてそのまま煮ました。

れんげ

自家製味噌スープに『ラ王』の味噌スープを重ねた、「ダブル味噌スープ」となりましたが、なかなかイケル味に仕上がりました。

いつも言うことですが、大抵のインスタントラーメンスープには化学調味料が使われています。

しかし、自然素材で作ったスープによって割ることで、化調のクセは殆どわからなくなります。

体のことを考えると化調は一切を避ける方が好ましいのですが、インスタントラーメンのスープが恋しくなったときは、このようなやり方をすれば良いと思います。

トマト

しかし、味噌ラーメンにトマトというと奇異に感じられるでしょうが、これが意外と合うから不思議です。

トマトの程良い酸味が、味噌スープの中に隠し味的に溶け込むのです。

麺スープ

京都産の京菜は、普通は主に和食に使われますが、ラーメンスープに投入して煮ても美味です。

ひょっとすると、京菜はどんな料理にも適した万能野菜かもしれません。

いろいろと試してみます。

麺アップ

『まるで、生麺。』の麺は、いつもどおり「まるで生麺」です。

大したものです。

なぜか急に『マルちゃん正麺』を食べたくなりました。

お腹が比べたがっているのかも。

『正麺』も売れているようです。

先日、「売り切れにつき入荷待ち」という看板を出しているスーパーがありました。

改めて食べ比べをしてみましょう。

スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。