≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラ王

『日清ラ王 まるで、生めん。醤油』で『五目ラーメン』を作ってみました。

どんぶり

例によって、化学調味料無添加カツオダシで極薄味スープを作り、そこに添付スープを加えてラーメンスープをこしらえるやり方です。

れんげ

化学調味料無添加オイスターソース、瀬戸内産天然塩、おろしニンニクで味を調え、『ラ王』の液体スープを加えて具材を煮ました。

顔

スープで煮たのは、小松菜、シメジ、サバ。

チャーシュー

トッピングには、珍しくチャーシューも。

刻みネギ、自家製メンマはいつものとおり。

そして、忘れずにパクチーも載せました。

魚シメジ

サバは塩焼きにしたものをじっくり煮ました。

実に良い味を出しながら、自身もスープの旨味を吸い込んでくれました。

麺アップ

『ラ王』の麺は標準茹で時間4分となっていますが、硬めがお好みの向きは3分が良いでしょう。

無論、麺は別茹でで、今回もそうしました。

添付スープには言うまでもなく化学調味料が若干含まれていますが、スープも茹でるお湯もミネラルウォーター、自然の具材とダシ、そして、やはり自然の調味料が、質的にそれを凌駕(りょうが)し克服していると思います。

ずいぶんと永く、インスタントラーメンといえば、パッケージに書いてあるとおり麺を茹でたところへスープを加えて火を止める、というやり方で、スープを溶かした茹で汁を飲んできました。

でも、やはり麺は別茹でが秀逸です。

ノンフライ麺でもです。

それが本来の麺の調理法だからです。

時間がないときは仕方ありませんが、まだやってみたことがない方はお試しください。

味が数段向上します。

スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。