≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


モデルガン

ある中学校でのことです。

その学校では学校生活に関係のない物を「不要物」と呼び、そういう物を校内に持ち込むことを生徒に対して禁止していました。

そんなある日、定期試験の監督として、答案用紙に向かう3年生の教室内を巡回していた30代の男性教師の目に異様な物が飛び込んできました。

床に置かれたある男子生徒のスポーツバッグの中から、一丁の銃が顔を覗かせていたのです。

もちろん本物であるはずはありませんでしたが、そのモデルガンは大変に精巧にできていて、実際にプラスティック製の弾丸を発射できるように作られていました。

「そういえば、最近、校内におもちゃの弾(たま)が落ちているので、こういう危険な物を持ち込んでいる生徒が確かにいるということで、朝礼で全校生徒に注意したばかりだったな。この生徒だったのか。」

不要物は一時没収し、持ち主を指導した後に返す、ということになっていたので、男性教師は試験終了後、モデルガンを持って職員室に帰りました。

「それにしても、がっかりだなあ・・・。」

男性教師は廊下を歩きながら深くため息をつきました。

モデルガンを持ち込んだ生徒は宇宙が好きで、数学の教師ながら天体観測を趣味に持つ彼と惑星や恒星について非常に親しく話ができる間柄だったからです。

担任に事情を話し、その日の放課後にその生徒を呼んでもらいました。

しかし、生徒は来ませんでした。

「・・・おかしいな。」

男性教師は、一瞬胸の辺りに冷たい風が吹くような気持ちがしました。

そして、再びため息をつきながらモデルガンを引き出しにしまいました。

「また明日呼ぶか・・・。」

ところが、翌日から生徒の男性教師に対する態度は別人のように豹変したのです。     

                                      つづく


(写真はウィキペディアさんから拝借させていただきました。)
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。