FC2ブログ
≪ 2018 07   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -  2018 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


奥越前の水

水道水が不味い土地に行くと、大変に申し訳ないのですが飲食店に入る気がしません。

あの水でつゆやスープを作ったりコーヒーをたてているのかと思うと、どうしてもいけません。

「うちでは、料理はもちろん、お客様にお出しする一杯の水からしてミネラルウォーターを使っています。」という中国料理店が近所にありましたが、大変に残念ながらご主人の体調不良で閉店してしまいました。

人間の体内は水びたしです。

良質の水を入れれば良いのですが、妙な水ばかりを取り入れていると、しまいには体が悲鳴を上げると思います。

日本は世界有数の上水道普及国家です。

これは確かに大変なことです。

実にありがたいことです。

しかし、地域によってはその水がお世辞にも美味しい水とは言いがたい場合があります。

子どものころは、近い将来ペットボトルに入った水をお金を出して買うことになるなどということは全く想像できませんでした。

思えば、みんな普通に水道の水を飲んでいました。

でも、たまに飲ませてもらった、友だちのうちの庭にあった手こぎポンプ式の井戸で汲み上げた水の、なんと美味しかったことでしょうか。

真夏でもひんやりとして、水の香りと味がしました。

工業化が破天荒に進み、川の水も地下水も汚れに汚れて、どんなに化学的な処理を施してもかつての美水を再現することなど逆立ちしてもできなくなってしまったのでしょう。

体のもとは水だと思います。

考えてみれば水道水とて買っているわけですが、もはや美味しい水はさらなるお金を出して買うしかないところまできてしまったようです。

ですから、うちはちょっと高価なミネラルウォーター製造機を備え付けています。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。