≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


辛ラーメンブラック

韓国『辛ラーメンブラック』のスープを使って『小龍包(ショウロンポウ)ラーメン』を作ってみました。

スープ

スープは、牛骨がたっぷり入ったソルロンタンスープ。

「かやく」にはシイタケなどがたくさん、「やくみスープ」も付いています。

播州中華

麺には、定番の中太『播州中華麺』を使用しました。

どんぶり

スープに入れて、茨城産小松菜、ニンジンと、地元の総菜店自慢の化学調味料無添加・小龍包に火を通し、麺と合わせたところへ刻んだ京都産九条ネギ、自家製メンマ、ウズラの卵、擂り立ての白ゴマを載せました。

れんげ

このスープは普通の『辛ラーメン』のそれとはまるで違い、濃厚でクリーミーなピリ辛で、中太中華麺にピッタリ合いました。

具材

そのスープが適度に染み込んで、小龍包がとてもジューシーな一品となりました。

小龍包

どこか薬膳的な味わいのあるスープが、香味豊かな小龍包とピッタリ合ったのでしょう。

ハーフ

割ってみると、中の肉とスープが一体となっています。

小龍包のもう一つの食べ方を発見しました。

『スープ餃子』という料理があるのですから、『スープ小龍包』というものがあっても良いということです。

麺アップ

中身の濃いソルロンタンスープは、中太中華麺にすごくよく絡んで、麺を食す喜びを一段と強く感じさせてくれました。


ビーフをラーメンのスープや素材に使うということは日本ではないので、韓国ラーメンはこの点で際立っています。

自分でビーフスープを作っていろいろな麺と合わせてみようか、という気持ちが少し起こってきました。

韓国の皆さん、ありがとうございます。

スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。