≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


吉川英治

「貧乏もあまりのはては笑いあい」

吉川英治(1892〜1962)が、「雉子郎」という名で川柳を詠(よ)んでいた頃の作である、という。

豪気な句である。

同様の言葉に、故・五代目古今亭志ん生(1890〜1973)の名言がある。

古今亭志ん生

「貧乏なんてするもんじゃありません。貧乏は味わうものですな・・・。」

つい40年ほど前、中学生の男子が欲しいものといえば、カラーテレビとステレオセットとルームクーラーであった。

だが、いずれも大変に高価な品だったので、殆ど手が届かなかった。

それがどうであろう。

これらは今や標準家庭の最低備品、しかもどれもが一室一台の時代になってしまった。

しかし、我々は更に豊かな、更に贅沢な暮らしを望んで不平不満を洩らしているのではないだろうか。

人間は貧しいときの方が強くなれるのかもしれない。

「清貧」という言葉が死語になってしまったら、その国は滅びるであろう。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。