≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


壷ラーメン

韓国『キムチの壷ラーメン』で『イカだしラーメン』を作ってみました。

バック

といっても、例によって今日も添付スープと「かやく」は取っておき、麺だけを利用してスープは時分で作りました。

400ccのミネラルウォーターを沸騰させ、函館産さきイカ(5本)をメインに、北海道産乾いたスモークドサーモン(3本)、沼津産キビナゴ(5尾)でダシを取りました。

味付けは、瀬戸内産天然塩(小さじ3)、ガーリックパウダー(小さじ2)、化学調味料無添加XO醤(小さじ1)、バター(5グラム)、純米酒(小さじ1)。

どんぶり

具材は、小松菜(中、3茎)、スライスしたニンジン(10グラム)、ナス(中、2分の1本)、生シイタケ(小、3個)。

特に、イカが柔らかくなるまで煮込みます。

別鍋のミネラルウォーターで3分間茹でた麺と合わせ、国産コーン、自家製メンマ、刻んだ地元産ネギをトッピングしました。

れんげ

イカをはじめとする魚から濃厚な味が出て、申し分ないスープが出来ました。

イカサケ

今日はイカを中心にしたので、本当にイカの味がしっかり出ました。

イカなどの香りが少々強いと思われる場合は、コショウをふって調整します。

具材

ニンジンの甘みが魚の旨味と溶け合って、スープにまろやかさを加えました。

野菜

煮込んだ野菜は、スープの味を吸いながらとろとろに小さくなるので、充分な量を食べることが出来ます。

麺アップ

相変わらず韓国ラーメンの麺はしっかりガッチリの縮れ太麺で、大いに食べ応えがあります。

しかし、ここのところ、インスタントラーメンに付いているスープを使わず、麺だけを利用して食べることが多くなっています。

次回は、久しぶりに一切添付スープに手を加えない食べ方をしてみましょうか。

インスタントラーメンの大変な進化を思うと、逆に楽しみです。

スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。