≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


生麺

激安スーパーで『生中華麺』がものすごく安かったので、これを使って久しぶりにラーメンをと思い、『わかめイカたまラーメン』を作ってみました。

さきイカ

北海道産のさきイカが手に入りましたので、これ(6〜7本)でダシを取りました。

わかめは葉山産天然わかめ(5グラム)。

昨日のそば湯をベース(400cc)にして塩味スープに仕上げました。

他に入れたのはアジの塩焼き(小一片)と鶏肉の煮物(10グラム)で、これらからも良い味が出ました。

そして、瀬戸内産天然塩(小さじ1)、ガーリックパウダー(小さじ1)、化学調味料無添加XO醤(少々)、純米酒(大さじ1)、いりゴマ(白。小さじ1)で味付けをします。

どんぶり

卵(1個)も最初からスープに入れ、半熟になったところを崩して煮込みました。

麺をきっかり2分間茹で、器でスープと合わせたら刻みネギを散らして出来上がりです。

イカスープ

イカは柔らかくなって味を出す一方でスープの味を吸い込み、とてもまろやかで香ばしい味わいとなりました。

具材麺

わかめは磯の香りを豊かに届けてくれて、食欲を増進させます。

ずいぶん前に長期滞在した、新潟県の粟島で何度も食べた『磯ラーメン』を彷彿とします。

あのラーメンは醤油味でしたが、何種類もの海藻がふんだんに載っていて、その名のとおり正に『磯』ラーメンでした。

美味なわかめを食すと想い出します。

実に懐かしいです。

れんげ

イカの甘みが出たので、食べるときに一味唐辛子をかけると味が引き締まりました。

イカアップ

さきイカも良いものになると、このようにスープに活用できます。

煮込めば煮込むほど柔らかくなりますが、味が出放題出るので、スープがくどくならないように薄めていく必要があります。

おでんなどにも合いますので、次はそうしてみましょう。

讃岐や播州のうどんとのコラボで『おでんうどん』などというのも結構ですね。

麺アップ

この麺は、特別に有名な製麺会社のものではありませんが、縮れ具合、スープの絡み具合、コシ、ツルミともに、値段からすると真に申し分ない一品でした。

また、今日はラーメンの上で、北海道のイカと葉山のわかめの共演となり、言ってみれば庶民の海鮮ラーメンとなりました。

手近にある食材で肩肘張らずに作る麺料理が、お気軽お手軽でリーズナブルです。

最近は缶詰なども、様々な種類のものが高品質低価格化の傾向にあります。

いろいろなものを使って美味しい麺を楽しみましょう。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。