≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


信州そば

『信州そば(乾麺)』で『たぬき&キビナゴつけそば』を作ってみました。

セット

250ccのミネラルウォーターを沸騰させ、そこに化学調味料無添加カツオダシ(小袋1袋)、沼津産キビナゴ(6〜7尾)、本醸造丸大豆醤油(大さじ3)、瀬戸内産天然塩(小さじ2)、純米酒(大さじ1)を入れて5分ほど煮れば、つゆが出来上がります。

それを熱いまま大きめの器に移します。

薬味は地元産の長ネギ、練りワサビ、コレステロールゼロの京都産揚げ玉。

キビナゴ

キビナゴは取り出して付け合わせにします。

ダシが出ているはずなのに、味がしっかり残っていますから、充分美味しくいただけます。

そばもり

そばはきっかり5分間茹でて冷水で締めます。

少し平麺なのが、このそばの特徴です。

コシ、弾力、ツルミともによく出来た一品です。

そばネギアップ

先ずは、ネギとワサビでいただきます。

そばてんアップ

次は、それに揚げ玉をプラスして。

そばアレルギーがある方には真に申し訳ないのですが、うどんでもそうめんでも中華麺でもパスタでもなく、そばを食べたくなることがあります。

しかも、どんなに寒い日でも『もり』で。

真冬には『熱(あつ)もり』(麺もつゆも熱いもりそば。その大盛りは『大熱(おおあつ)』。)という手もありますが、これは冷えると麺がくっついてしまうため、できる限り早く食べなければならないので忙(せわ)しないのです。

ですから、最近はやはり『もり』です。

そばの独特の風味とダシの効いた醤油のつゆが出会うときの美味しさは、格別です。

これは、大げさに言えば、正に日本人にしか判らない「食」のひとつの醍醐味と言えるでしょう。

日本食は「醤油」と「味噌」による大豆アミノ酸文化だと言われますが、そばの料理はその一翼を担う「醤油」派の代表です。

こういう美味を作ってくれた先人に感謝しつつ、工夫しながら大切に味わって参りましょう。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。