≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


醤油ラーメン2

東京都江東区にある東京製粉という会社が出している『東京ラーメン』に注目しています。

地元のスーパーには一切置いてありませんし、産まれてこのかた、今まで見たことがありませんでした。

ひょんなことから知ることになり、調べてみると、これが実に美味しそうなのです。

醤油ラーメンボックス

東京製粉はホームページらしきものを持っていないようで、その製品が販売されているサイトを見るしかないのですが、麺、スープ共に評判が高いのです。

コンテンツ

中華麺を「手折りめん」にするというのは真に珍しく、そういう製法をとっているのはおそらくここだけではないでしょうか。

麺を手折りにしてから乾燥させているのですね。

これまでに手折りのそうめんを食べた経験から考えますと、麺は非常にしなやかでありながらもコシが強く、麺を食す醍醐味を大いに味わえるはずです。

麺

似た方法で中華麺を加工したものとしては、麺を低温で48時間から72時間乾燥させた藤原製麺による『乾燥ラーメン』シリーズがありますが、あちらは少し縮れた麺で、しかもいくぶん細めの麺です。

それに対して、写真で見ると、『東京ラーメン』の麺はずいぶん太めでストレートに近いようです。

みそラーメン1

ヴァリエーションとして『みそラーメン』もあり、こちらも食欲を刺激されます。

みそラーメンボックス

食べた方の感想は、「とにかく懐かしい味。」「昔、屋台で食べた中華そばが、記憶の彼方から甦る。」といったもの。

どんぶり

ボックスで買うと、価格は一袋あたり152円ほどと安くありませんが、「買ってみる価値あり。」だと思います。

在庫のラーメンが減ってきたら注文してみましょう。

インスタントラーメン業界の「生めんみたい」バトル真っ最中の状況下、この東京製粉による『東京ラーメン』は、大変に地味ですが、内容的には大手に真っ向から対抗できる製品ではないか、と推測しています。

早く食してみたいものです。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。