≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カップ

『まるで、生めん。日清ラ王背脂コク醤油』を食してみました。

顔

熱湯を麺とかやくに注いで5分後、粉末及び液体スープを加えてよくかき混ぜます。

かやくは、刻みネギ、モヤシ、そして、叉焼(チャーシュー)。

麺スープ

『背脂コク醤油』というだけあって、濃厚コッテリ系の外見です。

しかし、スープは意外にくどくなく、化学調味料の味もそんなにしつこく感じませんでした。

叉焼

叉焼は本格的な作りで、妙な匂いもなく、本物に極々近い出来です。

味と食感が、正に叉焼なのです。

お湯で戻しただけとは思えない、驚きの叉焼でした。

日清食品の技術力に敬服します。

麺アップ

それに加えて、麺がまた「まるで、生めん。」のコピーに立派に応えるものでした。

カップラーメンも遂にここまで来たか、と心より実感します。

モッチリ感、弾力、ツルツル感、コシ、中華麺独特の香り、どれもが程良く備わっています。

袋麺の『ラ王』には無論及びませんが、お湯かけカップラーメンでここまでの麺を実現できたら、現在の時点では満点ではないでしょうか。

よくある「この店の店主、舌あるの?」というようなラーメン店の一杯より、この『ラ王』の方が美味かもしれません。

ずいぶん前ですが、神奈川県内のラーメン店で驚愕したことがあります。

『五目そば』を注文したのですが、載っていた具が極薄の叉焼と伊達巻き、長ネギ、そして、なんとミックスヴェジタブルだったのです。

そんな具材を載せる店ですから、塩味だったそのスープも、湯に食塩を溶かしただけかと疑いたくなる代物で、なす術もなくコショウを振ればただのコショウ味に、ラー油を落とせばただのラー油味に、酢を注げばただの酢の味にそれぞれだらりと偏るだけで、スープは結局最後はなんだか訳のわからない濁ったぬるま湯になってしまいました。

麺は量が少ない上に茹で過ぎのベロベロで、さらに湯切りがいい加減と見えて、スープの中に茹で汁が入り込んで、ただでさえ出来の悪いスープの味をこれでもかと侵害していました。

それでも値段は当時の金額で650円ぐらいしましたが、最後まで食べ切らずに店を出ました。

あれに比べれば、この『ラ王』は天才的なまでによく出来た逸品と言えるでしょう。

因に、神奈川県内のあの店は、今はありません。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。