≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


曾子

「辞気(じき)を出(いだ)して、斯(ここ)に鄙倍(ひばい)に遠ざかる。」

孔子の直弟子、曾子(そうし。前505〜前436?)の言葉として『論語』の中に見える一文です。

「辞」とは「言葉」。

「気」とは「精神」。

「鄙」とは「卑しい人」。

「倍」とは「ますます」。

直訳すれば・・・

「言葉は精神のありさまを表し、そして、卑しい人はますます遠ざかる」。

言葉というものは、一度口から出してしまったら、取り返しがつきません。

ですから、慎重に選んで使わなければいけません。

このことを充分に心がけて人と接していれば、野卑な輩(やから)は自然と遠ざかって行き、賢明な知友のみが残るのです、といった解釈が適当でしょうか。

剣

言葉は諸刃(もろは)の剣(つるぎ)。

用(もち)い方いかんで、毒にもなれば薬にもなります。

心を潤わせ、人と人との結びつきをより良いものにしていけるような、賢い言語生活を目指したいものです。
スポンサーサイト


【】
私もそう思います。

しかし、今の時代に、残りうる良質な人はどれほどいるでしょうか。今日は高校の卒業クラスのクラス会がありました。このクラスは在学中からイヤでイヤでほほえみ鬱病になってしまいそうなクラスでした。とにかくイヤなヤツが大半だった。イかれてた。真面目に語れなかった。三十年が経っても嫌なヤツはイヤなヤツのままでした。後味悪いです。話す材料を見いだせませんでした。

結局、言葉を選んでいると孤立するのではないか?そんな不安もありませんか。

確かに私は先生を得ました。他の何百人より大切です。

しかし、やはり常の生活は淋しい。職場でも、イヤなヤツの方が多いです。圧倒的に。処し方に困ります。高校時代は私はそういう連中と関わる必要を拒否して、孤独でした。
【住みにくい世の中】
☆Hiroyukiさんへ☆
コメントありがとうございました。
去るものは追わず、来たるものは拒まず。
そう心がけていても、なかなか出来にくいときもあります。
割り切って、切り替える。
でも、和することが本当に難しい相手もいます。
自分は、上手なストレス解消、前向きな気分転換を心がけるようにしています。
この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。