≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


月光2

『忍者部隊月光』

放映・1964年(昭和39年)1月3日から1966年( 昭和41年)10月2日まで

系列・フジテレビ系

エピソード数・全130話

原作・吉田龍夫さん

脚本・西田一夫さん、高久進さん、水木㐮さん、ほか

音楽・渡辺宙明さん

監督・土屋啓之助さん、ほか

製作・国際放映、フジテレビ

月光1

いろいろな俳優さんたちが出演しましたが、主な方々は次のとおり。

月光 水木㐮さん

月輪(つきのわ)石川竜二さん

名月 山口暁さん

銀月 加川淳子さん

半月 小島康則さん

M0号 友田輝さん

M1号 仙波一之さん

M2号 三鬼濁さん

M3号 浜村美智子さん

18号 大塚孝さん

幻仮面 松原光二さん

ナレーター 大平透さん

月光3

とにかく熱中しました。

あけぼの機関という特殊工作機関に所属する、忍法と武術の達人チーム「忍者部隊」が悪と対決する正義のドラマ。

第一部『ブラック団編』、第二部『マキューラ編』、第三部『幻同盟編』と続き、それぞれとても手強い悪の秘密結社と忍者部隊が戦います。

自分としては、特に第二部の『マキューラ編』が最も好きでした。

悪役のキャラクターが非常に魅力的に描かれていて、サングラスに仕込み杖のM2号、妖艶にして冷徹な悪女M3号、彼らの部下で計画の実行役18号などが、ドラマを密度の濃いものにしていました。

因に、浜村美智子さんは、昭和30年代初めに『バナナボート』や『カリプソ娘』が空前のミリオンセラーを記録した歌手です。

ドラマの中でも歌うシーンが出てきました。

当時、大人たちが「なんで浜村美智子が悪役をやってるの?」などと言っていたのを覚えています。

非常に興味深い、意表を突いたキャスティングだったのですね。

月光4

このドラマは、忍者部隊や敵が使う武器や術などを描くのに、今で言う特撮を使っていて、それが子どもたちには非常に新鮮でカッコイイものでした。

ですから、手裏剣や刀でバトルをする忍者部隊ごっこが日本中で流行りました。

また、当時は大変高価で庶民には高嶺の花だったクルマ、それも高級車のトヨペットクラウンやオープンカー、外車のスポーツカーを月光たちや敵が操って疾駆するシーンが毎回登場したのも、子どもたちの憧れの的でした。

月光DVD

このほど、全作品のDVD化が40年以上の歳月を経て初めて敢行されました。

もちろん、満を持して、先ずDVD-BOX2『マキューラ編』を入手しました。

以前CSで放送されたことがあるので、それは観ていましたが、音、画像、部分的なカットなど、いくつか問題ありの放送だったのに比べ、今度のDVDは満足のいく内容になっていました。

しかし、改めて観てみると、とても子ども向けとは思えないほどしっかりした作りだと感じるところが多く、かつてのテレビ映画の力を再認識させられます。

セットの背景が絵だとわかってしまうのはクリアな画質のDVDが持つ宿命ですが、特に脚本と演出は全く手抜き無しの立派な仕事だと思います。

真に残念なことに、月光役の水木㐮さんと名月役の山口暁さんは、既にお亡くなりになっています。

血湧き肉踊る夢を与えてくださったことに感謝しつつ、ご冥福をお祈りします。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。