≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どんぶり

自分で『エースコックのワンタンメン』のような一品を作ってみようと思い、やってみました。

麺には、『ハウスうまかっちゃん』のものを使いました。

スープは、化学調味料無添加カツオダシ、瀬戸内産天然塩、自家製つゆ、スライスガーリック、コショウで味を付けました。

れんげ2

『エースコックのワンタンメン』の特徴は、なんといっても二つ。

その1は、「マツタケ風味のタンメンスープ」。

これを実現するため、『松茸風味のお吸い物(顆粒、ちょっとした具材入り)』を買って来ました。

そして、1人前につき一袋をスープに投入。

ナス、小松菜、モヤシ、プチトマト、小ネギ、コーン、スライスしたキュウリなどと煮ました。

ワンタン

その2は、「肉を包んでいないワンタンの皮」。

これには、『モランボンのワンタンの皮』を当てました。

スープの火を消す30秒前に鍋に入れて、火を通しました。

ワンタンアップ

結果、ワンタンは程良く煮え、スープも「マツタケ風味」となりました。

エースコックの場合は、麺と一緒にワンタンの皮も油で揚げてあるので、ワンタンの皮を麺と同じ時間茹でても大丈夫なのですが、生の皮はすぐに茹で上がりますから、うっかりするとドロドロになってしまいます。

呉々も茹で過ぎに注意することが肝腎です。

麺アップ

ところで、今日は一つ発見しました。

こういう味のスープ&ワンタンには、ひょっとすると「生中華麺」や「ノンフライストレート中華麺」、ましてや「そうめん」「冷や麦」「うどん」といったものは合わないのではないか、ということです。

『ハウスうまかっちゃん』の麺は「油揚げ中華麺」ですが、これが今回のスープ&ワンタンと絶妙にマッチしたのです。

エースコックが「油揚げ中華麺」以外の麺とワンタンの皮をコラボさせた『ワンタンメン』を出さないのは、本家本元としてこのことを熟知しているからではないでしょうか。

やはり、「油揚げ麺」「生麺」「ノンフライ麺」それぞれに適合するスープがあるのです。

例えば、『サッポロ一番しょうゆ味』のスープに『明星中華三昧』のノンフライ麺はちょっと合わない感じがします。

製造元は、研究に研究を重ねて各々の製品の麺にピッタリ合うスープを開発しているのでしょう。

自分で作ってみて、インスタントラーメンの深さを少し知ることができた気がします。



スポンサーサイト


この記事へコメントする















自分で『エースコックのワンタンメン』のような一品を作ってみようと思い、やってみました。麺には、『ハウスうまかっちゃん』のものを使いました。スープは、化学調味料無添加カツ... ...

Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。