≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


讃岐ひやむぎパッケージ

『讃岐ひやむぎ』が激安で売られていたので、これを使って『野菜スープつけうどん』を作ってみました。

讃岐ひやむぎバック

製造元は、香川県高松市の「讃岐シセイ」です。

セット

スープは、そば湯をベースにして、化学調味料無添加半練りチキンスープ、瀬戸内産天然塩、ガーリックパウダー、そして自家製つゆで調味しました。

具材は、千切りにしたダイコン、ニンジン、キュウリと、小松菜、豆モヤシ。

最後に、ロースハム、コーンを載せました。

ひやむぎもり

麺は、標準茹で時間と書いてあった4分間を厳守したところ、少し柔らかめになったので、次回からはもっと早く引き上げようと思いました。

しかし、氷で締めましたので、程良いコシと滑らかさは獲得できました。

スープ

このロースハムも激安だったものです。

麺スープ

これからの季節は、このような、冷やした麺を熱いスープでいただくというやり方が秀逸になってきます。

麺アップ

さすが讃岐の麺だけあって、コシとツルミは真にしっかりしています。

手打ち、手延べでなくてもこれだけの食感を生むことができるとは、讃岐の技に脱帽です。

ところで、時間が取れたら久しぶりに麺を手打ちしてみようか、という気になりつつあります。

実現しましたら、ご報告します。

自分でも楽しみです。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















『讃岐ひやむぎ』が激安で売られていたので、これを使って『野菜スープつけうどん』を作ってみました。製造元は、香川県高松市の「讃岐シセイ」です。スープは、そば湯をベースにし... ...

Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。