≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


播州そうめんパック

定番『播州そうめん』を極硬めに茹でて、『バリカタつけそうめん』を作ってみました。

45秒

茹で時間は、きっかり45秒です。

セット

ミネラルウォーターを沸騰させ、茹で上がったら冷水で締めます。

そうめんもり

麺はバリカタですが、熱いスープに入れると硬めの麺になっていくのでちょうど良いのです。

超バリカタが良いと思うときは、茹で時間を5秒から7〜8秒短くします。

スープは、友人が作った「エノキダケスープ」をもとにしました。

エノキダケの旨味を最大限引き出した塩味スープベースで、凍った3センチ角のキューブの形にしてくださいました。

400ccのミネラルウォーターを沸かして、これを3個入れ、小松菜、キャベツ、ニンジン、煮豆、油揚げ、ワカメなどを加えて煮ました。

化学調味料無添加・鶏ガラスープと瀬戸内産天然塩、化学調味料無添加オイスターソース、ガーリックパウダーで味を調えました。

スープ

実にまろやかな、それでいてコクのある野菜スープになりました。

麺スープ

いただいていて、大昔に食べた、あるインスタントラーメンに非常によく似たスープだと思い当たりました。

麺アップ

例によって、この『播州そうめん』は機械打ちですが、とてもコシがあり、しかもツルミも豊富で、値段が激安なことを考えれば非の打ち所がありません。

播州は麺の里。

流石です。

「大昔のあるインスタントラーメン」については、改めてお話ししましょう。

今、最も懐かしく思える一品です。

むろん、現在では販売されていません。

「エノキダケスープ」のおかげで、遠い記憶が鮮明に甦りました。

このスープベースをくださった友人に感謝します。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















定番『播州そうめん』を極硬めに茹でて、『バリカタつけそうめん』を作ってみました。茹で時間は、きっかり45秒です。ミネラルウォーターを沸騰させ、茹で上がったら冷水で締めま... ...

Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。