≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鯉のぼり

最近はゴールデンウイークのうちの1日という印象が先に立って、五月五日の本来的な意味が忘れられているようですが、平安の頃には、既に『端午の節句(節供)』として諸行事が行われていました。

現に、清少納言も『枕草子』の中でこう言っています。

「節供と言えば五月のそれに及ぶものはない。

菖蒲(しょうぶ)や蓬(よもぎ)などが香り合っているのもとても面白い。

宮中から身分の低い者の家の軒にまで菖蒲などを飾ってあるのは目新しい面白さであり、他の折にこんな情景は見られない。」(第四十六段)

『端午の節句』の「端」は「初め」、「午」は十二支の「うま」または「五」を表し、同じ陽数(奇数)を重ねるのは縁起が良いというところから、五月になって初めての午(うま)の日、五月五日を節日としました。

旧暦では、一日一日に干支(えと)を当てて配列しました。

従って、十二日ごとに同じ動物の名が巡ってくるのです。

もともとは大陸で行われていたものが日本に伝わってきたのだとされ、雨期に入って伝染病などが流行する旧暦五月に、薬草を摘んだり薬酒を飲んだりして、中国の人々が厄除(やくよ)けをしたことが始まりであると思われます。

かぶと

我が国では、田植え月である五月に神を祀(まつ)るならわしと合体して広まり、当日宮中で催された騎射(うまゆみ)が引き金となって、次第に男子の出世を祈る祭りの色彩を濃くしていきました。

江戸時代に、幕府が『五節句』(人日<じんじつ:一月七日>、上巳<じょうし:三月三日>、端午<たんご:五月五日>、七夕<たなばた:七月七日>、重陽<ちょうよう:九月九日>)を制定してからはますます盛んになり、身分にかかわりない四民全体の式日となりました。

また、「尚武(しょうぶ。軍事を重んじること。)」に通じるというところから、薬草の菖蒲で兜(かぶと)を作ったのが、武者人形の起源だと考えられています。

そして、五月五日午の日に入水(じゅすい)自殺した楚(そ)の政治家・屈原(くつげん)の霊を弔うべく、米を入れ、栴檀(せんだん)の葉で口を閉じ色糸で結んだ竹筒を川に投じたものが、粽(ちまき)の起こりであるといいます。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















最近はゴールデンウイークのうちの1日という印象が先に立って、五月五日の本来的な意味が忘れられているようですが、平安の頃には、既に『端午の節句(節供)』として諸行事が行わ... ...
最近はゴールデンウイークのうちの1日という印象が先に立って、五月五日の本来的な意味が忘れられているようですが、平安の頃には、既に『端午の節句(節供)』として諸行事が行わ... ...
最近はゴールデンウイークのうちの1日という印象が先に立って、五月五日の本来的な意味が忘れられているようですが、平安の頃には、既に『端午の節句(節供)』として諸行事が行わ... ...

Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。