≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タゴール
ラビンドラナート・タゴール(1861〜1941)


「兄は父のごとく、妻と子は己の身体のごとく、召使は己の影のごとく、しかして、娘はいとも愛すべきものである。

されば、これらのものより辛く仕向けられたときにも、不忍(原文は傍点)に負けず、つねに耐え忍べ。」

マハーシ・デーヴェンドラナート・タゴール(1817〜1905)<稲津紀三・訳>


言の主は、インド最大の詩人、ラビンドラナート・タゴールの父です。

カルカッタの富裕な貴族の家に生まれ、少年時代は、わずか14歳でヒンズー大学への入学を許されたほどの俊才でした。

ところが、祖母の死に接した18歳の折に、神の声を聞きます。

これを契機に、彼は宗教活動を開始します。

爾来(じらい)、全生涯をヒンズー教の改革的復興と推進とに捧げました。

布教、出版、学校設立など、彼が展開した精力的な事業は子息に受け継がれ、詩聖タゴールにおける精神世界の支柱となりました。

インド国民が、今もって彼を「マハーシ(大聖)」と呼ぶ所以(ゆえん)です。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。