≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


セット

久しぶりにそばを食したくなったので、自家製つゆで『鶏つくね&もりそば』を作ってみました。

そばもり

そばは北九州の製麺会社のものです。

つくね

鶏つくねは、地元の化学調味料無添加弁当のお店による一品。

鶏つくね汁のスープはしょうゆ味で、もり用に使っている自分で作ったつゆをアレンジしました。

つゆは、北海道道南産天然真昆布と国産ムロアジ&サバ節でダシを取り、本醸造丸大豆醤油と瀬戸内産天然塩、純米酒だけで調味しました。

つくねスープには、また『ちりめん山椒』を加えて甘口に。

具材は、キャベツ、葉山産ワカメ、有機栽培ホウレンソウです。

そばを冷たい『もり』と温かい『つけ』でいただくのも、気分が豊かになったように感じてオツなものです。

そばアップ

そばを茹でた後の栄養たっぷりの「そば湯」も、そば猪口のつゆを割っていただきます。

なべ

さらに、鍋に残ったそば湯は捨てず、別のスープのベースにしました。

今回は、青菜と粗挽きソーセージの卵とじスープを作ってみました。

あまり時間がなかったため、化学調味料無添加カツオダシを使い、これまた本醸造丸大豆醤油で味は極薄の醤油味としましたが、つくねスープと同じにしたくないので、これも化学調味料無添加のXO醤とオイスターソース、それにガーリックパウダーを加えて心持ち中華風にしました。

そばよりそば湯の方にこそ様々なビタミンやミネラルが含まれている、といいます。

そば湯はぜひ使い切りましょう。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。