≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


富士

今日4月1日は「エイプリルフール」といって、軽い冗談で人をかついでもよい日ということになっています。

18世紀初め以降、ヨーロッパに定着した習慣です。

では、その起源をご存じでしょうか。

正式には「April Fools'Day(四月馬鹿の日)」、「All Fools'Day(万愚節)」、フランス語では「poisson d'Avril(4月のー捕えられやすい馬鹿なー魚)」といいます。

では、その起源についての諸説をご紹介しましょう。

❶昔、復活祭で上演された宗教劇の中で、キリストが処刑された日が4月1日とされていたことから、これを記念して生まれた。

❷ギリシア神話の一節、Demeterが、冥府の王Plutoによって地下の世界にさらわれた娘を捜しに向かうが失敗に終わった、という伝説にちなみ、4月1日に、人を嘘のお使いに出して無駄足(fools' errand)を踏ませるいたずらをするようになった。

❸フランス王、シャルル?世がユリウス暦からグレゴリオ暦に改暦し、1564年からは1月1日を新年の始まりとすると号令した際、それまでは4月1日が年頭とされていたところから、改暦後も古式に名残を惜しむ少数の人々が、4月1日に派手な疑似新年会などをおこなったことがもと。

❹古くインド仏教でおこなわれた春分(Huli)の祭りにまつわる説。祭りの間、説法を聞いて修行をした信者たちも、それが終わるとすぐに仏の教えを忘れて間違いを犯すので、意地悪な戒めとして、祭りの最終日の3月31日(揶揄節<やゆせつ>)に、人を無駄な使いに走らせて面白がる風習が生まれ、これが後、西洋に伝わった。

他にも数説がありますが、❸が最も有力ではないかといわれています。

ところで、本家イギリスのエイプリルフールは大がかりで、大新聞やBBCまでもが嘘ニュースを流します。

ただし、国家元首などに関するものはタブーだそうです。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。