≪ 2014 12   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2015 02 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking
FC2 Blog Ranking
FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鯛トップ

エースコック『鯛白湯ラーメン』にちょっと手を入れて食してみました。

鯛サイド

使った野菜は総て有機栽培です。

先ず、器に自家製熱湯ミネラルウォーター(600cc)を入れ、化学調味料無添加鶏ガラスープ顆粒(小さじ2)、北海道産生木耳(大、2枚)、三浦大根(スライス、大さじ2)、青森産ニンニク(大、1片)を加え、フタをして電子レンジ(500ワット)で10分間加熱します。

丼

そこに麺、かやくを投入して1分間加熱。

添付粉末スープ&調味油を入れてよくかき混ぜれば出来上がりです。

れんげ

大根から出る水分を見越してガラスープ顆粒を加えておいたので、スープは水っぽくならず、濃厚な白湯の味を楽しむことができました。

顏

謳い文句の『鯛』の味については、残念ながら今ひとつ実感がありませんでした。

ただ、カニカマと思われる具材が入っていて、彩りと風味を添えていたのが良かったです。

麺トップ

やはり有機栽培の三浦大根は最高で、素晴らしい味と食感を提供してくれました。

多少しなっても自家製ミネラルウォーターに浸けておけば見事に回復して、長持ちします。

まだ少しの間、使えそうです。

麺アップ

例によって、電子レンジ調理をしてしまったので、『カドメン』の歯応えは体験できませんでしたが、手を加えた分、一層美味しくいただけたと思います。

ところで、『白湯』というと、今は無き『ハウス王風麺(ワンフーメン)』を想い出します。

王風

白湯スープというものを初めて知ったものでした。

王風わかめ

ずいぶん以前にお話ししたように、いくつかヴァリエーションが作られて人気があったのですが、いつの間にか製造終了となってしまいました。

王風CM

味は今のものの方が格段に向上しているのでしょうが、よく食べましたので、やはり懐かしいです。

復刻していただけると嬉しく思います。

スポンサーサイト

Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。