≪ 2013 05   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - -  2013 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking
FC2 Blog Ranking
FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どんぶり

特製『ちゃんぽん味海苔ラーメン』を作ってみました。

ミネラルウォーターを沸かし、化学調味料無添加カツオダシ&XO醤&オイスターソース、瀬戸内産天然塩、おろしニンニク、国産すりゴマ(白)で調味した極薄スープを拵え、埼玉産小松菜、ダイコンの細切り、ヒジキ、岩手産天然ワカメ、自家製塩メンマを加えて煮込んだところへ、あるスープを投入。

軽く味を馴染ませて火を止めます。

ミネラルウォーターで硬く茹でた麺とスープを合わせ、大田区産焼き海苔と刻んだ京都産九条ネギを載せました。

れんげ

後から入れたスープは「ちゃんぽん味」。

海苔と絡んで良い風味を出します。

顔

大田区産焼き海苔は、味も香りも実に豊かな逸品です。

古く江戸前の海苔を彷彿とさせる、懐かしい焼き海苔で、ラーメンには最適だと思います。

ワカメメンマ

その海苔の下には、岩手のワカメと自家製塩メンマ。

ちゃんぽん味にもよく合います。

麺アップ2

麺は少し縮れ気味で、しっかりしています。

では、今回使った麺とスープは・・・。

金ちゃん

地元では珍しい『金ちゃんヌードル ちゃんぽん』。

パッケージには熱湯を注いで4分、という指定がありますが、それだとボソボソ感が否めないので、敢えて袋麺と同様の調理をしてみました。

すると、やはり特に麺が上出来。

思ったとおりのものを食すことができました。

こんな作り方をするとカップ麺の意味がないのですが、時間もあることですし、やってみました。

スープがちゃんぽん味で具材はシーフード無しのシンプル、というのも、なかなか乙なものです。

袋麺でも『ちゃんぽん』が多く出ていますので、次はそれらを使ってやってみようと思います。

スポンサーサイト

Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。