≪ 2013 01   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 - -  2013 03 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking
FC2 Blog Ranking
FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スープベース

『アジアンスープベース』がスーパーにあったので、これでスープを拵(こしら)え、インドネシアの麺と合わせて『ミーゴレンワンタンメン』を作ってみました。

ミーゴレン

『ミーゴレン』というのは『インドネシア焼きそば』のことですが、その麺を使ったのでこのように名付けました。

丼

スープの具材は、京菜とキクラゲのみ。

ワンタンは、例によって餃子の皮です。

自家製塩メンマとカーネルコーンをトッピングしました。

散り蓮華

このスープは辛くなく、しかもチキン風味なのでとても淡泊です。

化学調味料が少量入っていますが、愛嬌だと思って敢えて使用しました。

おろしニンニクと瀬戸内産天然塩で調味したので、それは殆ど気になりませんでした。

顔

インドネシア麺は茹で時間4分。

もっと柔らかく、コシは無いかと想像しましたが、実際は弾力があり、非常にしっかりした麺でした。

「当たり」です。

散り蓮華ワンタン

相変わらず、餃子の皮は乙なものです。

皮だけなのに、これが入ると麺料理が豊かになった感じがするから不思議です。

麺アップ

インドネシア麺は、こういうチキン味のスープと相性が良いようです。

独特のコシを持つ平麺で、麺の長さが日本の中華麺に2倍くらいあって食べ応え充分です。

『ミーゴレン』のように、砕いたピーナッツなどを入れるといっそうインドネシア風になるでしょう。

これを『もり』にして純和風のつゆで食すというのも一興かもしれません。

漸く少しずつ暖かくなるようです。

冷たい麺がだんだんと恋しくなってきました。

色々と工夫をしながら楽しみましょう。



スポンサーサイト

Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。