≪ 2012 02   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2012 04 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking
FC2 Blog Ranking
FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


万長ラーメン

愛媛県の県民食『万長ラーメン』の麺を使って『卵のせチゲラーメン』を作ってみました。

どんぶり

400ccのミネラルウォーターに北海道道南産天然真昆布1本を入れて40分間放置。

これを沸かしてダシを取り、瀬戸内産天然塩(小さじ2)、化学調味料無添加オイスターソース(小さじ1)、化学調味料無添加XO醤(小さじ1)、純米酒(大さじ1)、ガーリックパウダー(小さじ1)、タイ産チリソース(大さじ1)で下味を付けます。

れんげ

そこに、千葉産青首大根(3センチ輪切り)、大根葉(適量)、神奈川産小松菜(中3茎)を切って投入します。

麺野菜

さらに、地元の地鶏卵を割って加え、煮込みます。

この卵は黄身がとても濃いオレンジ色で、あの卵独特の匂いがまるでしないので、実は鶏卵をあまり得意としない身としては最近助かっています。

生で食べると非常に美味しいです。

たまご

そして、『日清どん兵衛袋麺』の「韓国チゲスープ」を入れてさらに煮ます。

卵が固まって、野菜が柔らかくなったら火を止め、別の鍋で硬めに茹でた麺と器で合わせれば出来上がりです。

麺アップ

『万長ラーメン』の麺は湯伸びしにくく、こういう辛いスープにもよく合います。

『どん兵衛』のスープには化学調味料が入っていますが、自然の調味料による下味がそれを打ち消してくれるので、気になりません。

インスタントラーメンのスープをワンランクアップさせてちょっと本格的にしたいときは、このように、熱湯の量を多くしてきちんとダシを取り、自然の調味料を数種類加えることです。

時間に余裕があるときは、ぜひお試しください。

「えっ? これがインスタント?」という感じになったら成功です。

スポンサーサイト

Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。