≪ 2011 07   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2011 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking
FC2 Blog Ranking
FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


らうめん

まだまだ暑いので、ツルツルッとした中華麺を食べたくなり、『日清らうめん』で『氷もりラーメン』を作ってみました。

この商品は、今、品薄のようですが、以前に西ルートから入手したものがあったので、使いました。

粉末&液体スープを80ccの熱湯で溶かし、氷を入れて冷やします。

麺を硬めに茹で、冷水で締め、氷を並べた器に盛ります。

別の器にレタスと茹でた豆モヤシを用意し、これを付け合わせとしていただきます。

セット

麺にもう一種、定番の『播州産太麺』も少々加えました。

麺2種

写真上の上が『らうめん』、下が『播州産太麺』です。

『らうめん』は少し縮れ気味の細麺、『播州産太麺』はその名のとおり存在感抜群の太麺です。

らうめん麺

『らうめん』はノンフライ麺なので、生麺に近く、ツルシコ感が嬉しい一品です。

スープは昔のラーメン屋さんの味に近く、どちらかというと「和」です。

そう。

おそばやさんの中華そば、という感じでしょうか。

最近では、中華そばを出すおそばやさんも減りましたので、その意味でも『らうめん』は貴重だと思います。

播州太麺

『播州産太麺』は、どっしりとして、歯応えもしっかりで、男性的な味わいです。

豆モヤシのポリポリ感と良い戦いを演じて、相性抜群です。

もうすぐ涼しくなるのでしょうか。

こういう「涼麺」を美味しく食べられるのも、あとちょっとですか。

なんだか少々寂しいこの頃です。

麺料理は季節を映す鏡です。

スポンサーサイト

Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。