≪ 2010 10   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - -  2010 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking
FC2 Blog Ranking
FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


サトイモ

サトイモ。

主成分はデンプン。

低カロリー。

食物繊維が豊富。

消化促進を行うムチン、ガラクタンには免疫力向上作用があるガラクタンを含む。

サトイモというと、煮物など、和食の食材として使われますが、ラジオで料理研究家の方が実に面白いレシピを教えてくださっていました。

『サトイモのフライ・ガーリック&パセリまみれ』です。

サトイモを油で揚げてしまおうという発想が非常に斬新で、さすが専門家だと感心してしまったので、ここにご紹介します。

<材料(2人分)>

サトイモ300g ニンニク1片

タカノツメ1本 ハーブソルト少々

ブラックペッパー少々

イタリアンパセリのみじん切り大さじ2

バター10g

揚げ油適量

<下ごしらえ>

サトイモは皮をむいて水にさらし、ぬめりを取って半分に切る。

ニンニクはうすくスライスする。

タカノツメの種をとり、みじん切りにする。

塩と好みのドライハーブを混ぜ合わせる。

イタリアンパセリをみじん切りにする。

<作り方>

1 カットしたサトイモは、よく水気をふき取って160℃の油で10分程度揚げる。

2 揚げ上がり間近になったら、180度位の高温にし、カリッとあげ、油切りをする。

3 フライパンにバターとニンニク、タカノツメを加え、弱火にかけて香りを出す。

  ニンニクがきつね色になってきたら、揚げたサトイモを加え、ハーブソルトで味付け

  し、火を止める。

  パセリを振りかけざっくり和(あ)える。

4 皿に盛り付け、ブラックペッパーをかけて、出来上がり。

最近は、温度計が付いたフライ用の鍋もありますから、それを使うと正確な油の温度で揚げることができるでしょう。

これはビールに合う一品です。

ちょっと多めに作って、みんなでビアグラスを傾けながら楽しくコミュニケーションといきたいものです。

ピリ辛がお得意でない方のためには、タカノツメを入れずに作って、好みで各自、唐辛子などを振っても良いでしょう。

近いうちにやってみようと思っています。

この料理のように、ふだんは油で揚げない食材を思い切って素揚げにしてみる、というのもレパートリーを広げることができて良いですね。



スポンサーサイト

Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。