≪ 2010 05   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -  2010 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking
FC2 Blog Ranking
FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


象のバトル

アフリカのある地域のことわざです。

「2頭の象が戦うとき、傷付くのは地面の草だ。」

必死でバトルを演じている象たちは、相手を倒すことしか考えていないから、自分たちが戦いながら踏み付けにしている草のことなどまるで眼中にない、というわけです。

象は草食獣です。

草、野菜、果物を食べます。

戦って踏み付けにしてばかりいると、地面に草が生えなくなってしまい、結局は自分たちの食べ物をなくすことになります。

ここがこのことわざの意味深長なところです。

我が物顔で暴れまくりながらケンカをしていた双方が、勝負がついて冷静になり、気が付いたときには命の糧となる重大なものを失っていた。

これは、非常に大切なことを教えてくれていると思いませんか?

今、日本では選挙戦がたけなわです。

選挙カー

どの政党も、1人でも多くの候補者を国会に送り込もうと血眼で戦っています。

絶叫、連呼、ビラ、チラシ、政見放送、演説会に宣伝カー。

彼らは、草を踏み付けにしてはいないでしょうか?

自分たちの命を存続させてくれるべき、大切な草を。

選挙戦が終わった後で気付いても後の祭りです。

それこそ、足元をしっかり見据えながら戦ってほしいものです。

草は象よりも弱く見えますが、いざとなれば、「いなくなる」という形で究極の審判を突き付けるのです。

そうなったら、取り返しはつきません。

象は死ぬか、または、空きっ腹を抱えて別の場所に引っ越して行くしかありません。

そんな象になってほしくはないですね。





スポンサーサイト

Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。