≪ 2010 03   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2010 05 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking
FC2 Blog Ranking
FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


デイパック



次の日、健太は「今日は実験の日」と決め、石をファミコンゲーム・ソフトのケースに入れ、これをデイパックにそっと忍ばせて家を出た。

実は、健太は、この一晩のうちに、ひとつの結論に達していた。

石をポケットに入れ、全身に安心感が広がった後、いったい何をすればいいのか?

健太が、昨夜からほとんど一睡もしないで考えて得たその結論は、「親切」だった。

あの日、自分がおばあさんにしてあげた行いは、表面上は荷物運びと道案内だが、行いの内容に関係なくとらえると、あれは「親切」だ。

健太は、自信をもってそう考えた。

よおっし!

今日は「親切の日」だ!

徹夜明けだというのに、健太の足取りは、この上なく軽い。

初めての角を曲がる。

石を入れたケースを、デイパックからズボンのポケットに移す。

温かさが全身に。

そして、あの安心感が。

上機嫌で駅へと向かいながら、健太はあの快感を思い起こしては、何度も目がくらみそうになった。

見てろよ!

親切しまくってやるぞおっっっ!

けっきょく、健太はこの日、果敢にも、合計十二もの「親切」を実行した。

歩道で転んだ幼稚園の女の子を助け起こした。

電車の網棚から、オバさんの大きなバッグを下ろした。

網棚

駅のホームで、新聞の束を誤ってバラまいた売店のオジさんを助けて、これを拾い集めた。

欠席した友だちの代わりに、物理のレポートを回収して先生に届けた。

体育で捻挫(ねんざ)した隣のクラスの生徒に肩を貸して、保健室まで連れて行った。

印刷室で、先生を手伝って、全校生徒分約一千枚の「図書館新聞」を刷った。

用務員さんといっしょに、中庭の草を昼休みじゅう、むしった。

草むしり

クラスの女の子に、買ったばかりのB'ZのCDを貸した。

前の授業を休んでいた友だちに、世界史のノートを見せた。

つかなくなった教室の蛍光灯を、新しいのと取り換えた。

古典の時間に指されて答えに詰まっていた前の席の男に、小声で正解を教えた。

古典

当番でもない渡り廊下の掃除を、進んで手伝った。

実に涙ぐましい働きだった。

そして健太は、そのたびに全身総毛立つほどの期待感に震えた。

しかし、幸運の女神は、にこりともしなかった。

・・・・・・あーあ。

オレって、なんてツイテナイヤツなんだ・・・。

もう、今日は、やめだ・・・・・・。

体の芯からため息をついて、石が入ったケースを出そうとズボンのポケットに手を入れた、そのとき、背中の向こうで声がした。

「健太。」

                                    つづく



スポンサーサイト

Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。