≪ 2009 08   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -  2009 10 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking
FC2 Blog Ranking
FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


海と舟

目覚めると快晴でした。

正に南国の海でした。

死ぬまで眺めていたいと思いました。

心と体が洗われました。

持って来たコーヒーを淹れました。

テラスに出て飲みました。

ブラックなのに本当に甘いコーヒーでした。

風を思い切り吸い込みました。

全身の血が生き返りました。

海は母なのだと思いました。

風は父なのだと思いました。

年老いた母と死んだ父を思いました。

幼い日を想い出しました。

貧しい時代でした。

ちっぽけな二階家でした。

テレビなどありませんでした。

エアコンどころか扇風機すらありませんでした。

洗濯機もありませんでした。

冷蔵庫もありませんでした。

電子レンジは世に存在していませんでした。

羽釜で飯を炊きました。

風呂の火は薪でした。

10円玉を握りしめて駄菓子屋に走りました。

デパートが楽天地でした。

玩具売り場と大食堂が喜びでした。

よく熱を出す子どもでした。

真冬の真夜中に病院に行きました。

おぶってくれた父の背中を思い出しました。

つないでくれた母の手を思い出しました。

・・・・ありがとう。

眼下にレストランが見えました。

レストラン

あらゆる人種の人たちがいるようでした。

幼い日がまるで嘘のようでした。

やはり来て良かったと思いました。


                                      つづく








スポンサーサイト

Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。