≪ 2009 05   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - -  2009 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
FC2 Blog Ranking
FC2 Blog Ranking
FC2 Blog Ranking

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


男性の背中

今日から、ある小さな会社に勤める中年お父さんの身に起きた出来事を、何回かに分けてお伝えしていこうと考えております。

どうぞ、お気楽にお付き合いいただければ幸いであります。

さて、その中年お父さんのお名前は山本さんといいます。

山本お父さんは、奥さん、高一の息子さん、中二の娘さんの四人家族。

東京郊外の神奈川の奥の方にやっと買った建て売り住宅から、毎朝6時32分発の急行電車で約2時間かけて会社に通っております。

昨今の不況と円高で、山本さんの会社もガタガタなんですけども、この会社、小さな貿易会社でしてね、円高のときっていうのは輸出はダメだけれども輸入は悪くないでしょ?

だから、輸入部門のおかげでなんとかしのいでいる状態なんでありますよ。

まあ、もともと従業員が50人弱の会社でありまして、山本さんは第一課の係長っていうことになってるんですけど、部下は3人しかいないんだから、ヒラとほとんど変わんないんですよね。

それでも、係長になったときは家族でお祝いしたんですよ、近所の安楽亭で。

「オレも、これで将来は重役のイスが巡ってくるかもしれないなあ。うあはははははっ!」

なあんて大声でわめきながら、お父さん、キリン一番しぼりの生をガブガブ飲んで、カルビばっかり3人前食べました。

あれから4年たちましたが、山本さんは重役どころか課長にすらなっていません。

はい。

係長のままです。

若い連中は、陰で山本さんのことを「万年係長」と呼んでいるんですよ。

家でも奥さんがせっついて言います。

「ねえ、ちょっと、あなた、がんばってよ。子どもたちにはこれからもっともっとお金がかかるんだし、この家のローンだって、まだ15年以上残ってるんだから。早く昇進して、課長になって、ドーンとお給料アップさせてよ。」

あの会社で課長になったからって、給料がドーンとアップするとは思えないんでありますが、まあ、奥さんの気持ちはわかります。

だから、山本さんも毎日毎日、朝から晩まで頑張っているんですよ。

職場には幸いイヤなやつもいなくて、山本さんは一生懸命働いております。

「もうちょっと給料が良けりゃ、女房にあんなこと言わせねえんだがなあ。いやいや、このご時世だあ。正社員でいられることに感謝して、文句なんか言わずにマジメに働かなきゃあ。」

なんて言って、山本さんは今日も苦手なコンピュータ相手に、表の打ち込みかなんかをやっております。

そこに、専務が入って来ました。

「みなさん。お仕事中すみませんが、お知らせがあります。この第一課に新しくスタッフが一名配属されることになりました。明日から勤務していただきます。仙台営業所がこのたび統廃合されたので、そちらからの転勤です。お名前は『さとう・れいな』さん、女性です。そこのデスクを使ってもらいます。では、明日からよろしくお願いします。以上です。」

ええっ?
女性が?
さとう・れいな?
いい名前じゃない。
若い娘(こ)ですよ、これは。
しかも、デスクがオレのすぐ前だって?
うははははは、こりゃあ、明日から、今までにもまして勤労意欲が高まりますよぉっ!
ははははははははっ!

山本さんは腹の中でそんなことを思いながら、独りで鼻の穴をふくらませております。

そのようすを、若い部下たちはまたいつものように冷ややかに眺めているんですが。

山本さん、あんた、仕事しに会社に来てるんだからさあ、それ、忘れちゃダメだよ。

わかった?



                                     つづく                       


スポンサーサイト

Mr.NAO

Author:Mr.NAO
東京都港区出身 
男性 
水瓶座

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。